創業26年目のメッセージ

2013.4.1

本日4月1日は、故・玉城幹男がゆいまーる沖縄を創業した日。
お陰様で26年目を迎えることができました。

那覇市首里にあるアパートの1室からスタートしたゆいまーる沖縄。
写真は創業翌年(1989年)にオープンした、首里の店舗兼事務所です。

国税庁が2005年に発表した資料によると、企業の生存率は以下のようになるそうです。

設立1年=40%
設立5年=15%
設立10年=6%
設立20年=0.3%
設立30年=0.02%

この統計の通りだと、創業20年になると99.7%、30年だと99.98%が解散・倒産している事になります。これだけ厳しい数字の中に入ることができたのは、創業者の「想い」、イノベーションを繰り返してきたこと。そして、仕入先さま、お客さま、協力者みなさまのお陰であると感じています。

経営はまず「想い」です。ゆいまーる沖縄は、「琉球を自立を目指す」という想いからスタートしました。

私達の想い。

■会社理念

1.自然を畏愛(いあい)します
全ての根本、始まりは自然である。
その自然の環(わ)の一部である「自分」は、自然を畏れ敬い、親愛します。

2.理解します
全てに原因が有り意味がある。
いかなる人も、いかなる状況も、いかなる文化も理解します。

3.1日1日励みます
1日1日努力を積み上げます。
怠けず、流されず、毎日を意識化(目的に向けイメージ)します。

4.信念に立ちます
1日1日励み、理解し、自然を畏愛したとき正しい道が開ける信念に立つ。
どのような時も失望しません。

■経営目的

1.琉球の自立を目指す
 琉球の自立に寄与できるよう
 世界を破壊する日米軍事基地を取り戻し、生産の場に変える。

2.琉球の文化・祈りに深く学びそれを事業にする
 琉球こだわり企業に徹する。
 琉球文化の根源は自然への畏愛の心である。

3.利益拡大を図り、生活を良くする
 1)全社員が能力を発揮できる環境をつくる
 2)雇用促進を図る
 3)顧客・取引先・株主・社員の生活を良くする
 *琉球=ここでは、奄美諸島から与那国までの島々を指す。

私達はこの想いを継承し、さらにイノベーションを繰り返しながら、このゆいまーる沖縄を継続・発展させていきます。

この間ゆいまーる沖縄を創り上げてくださったみなさま、商品を仕入れさせていただいる、工房・メーカーのみなさま、販売をしてくださっているみなさま、ゆいまーる沖縄を応援してくださっているすべてのみなさまに感謝いたします。本当にありがとうございます。

そして、これからもよろしくお願いいたします。

ゆいまーる沖縄株式会社
代表取締役社長 鈴木修司

新着情報へ戻る

MIOP 琉球ガラス生産販売協同組合 facebook 社長ブログ